ゴルフ用レーザー距離計coolshot80ivrの口コミと最安値情報

ニコン ゴルフ用レーザー距離計 coolshot 80i vrは
ゴルフ用レーザー距離計のなかでもの1番人気距離計です。

スコアが100切るには距離計が必要になってきます。

なかなか100切れなくて、もうちょいなのに!

と普段から悔しい思いをしている方は距離計で

ライバルに差をつけませんか?

ここではレーザー距離計のcoolshot80ivrを実際に購入された方の口コミを集めてみました。

ゴルフ用レーザー距離計coolshot80ivrの口コミ①

【coolshot 80i vr 購入者1】

思い切って購入して良かったです。

レーザー距離計だと距離感が養えます
GPSでは自分の距離感を把握出来ませんでした。

スコアーももちろん良くなりました。

【coolshot 80i vr 購入者2】

初めて距離計を購入しました。
距離も正確で、誤差は殆どありませんし、
簡単に、10秒もかからず殆ど1回で測定出来ます。

【coolshot 80i vr 購入者3】

購入してとっても満足です。
ボタンの押しやすさ、ファインダーの見易さはもちろん
計測の正確さと当たりやすさ、さらには計測速度までも
完璧です。

【coolshot 80i vr 購入者4】

とても良いです。
距離わかるって楽しいです。
ピンフラッグも、簡単にとらえてくれます。

実際にニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT 80i VRを購入された方の
感想はこのようになってます。

⇒ニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT 80i VRはコチラ。

ゴルフ用レーザー距離計coolshot80ivrの口コミ②

他の口コミサイトも参考になるコメントがあったので、
まとめてみました。

【coolshot 80i vr 購入者1】

パワーボタンを押すと、明らかに手振れが軽減します
重なった標的も重複マークが出て確認しやすく
250Y先のピンフラッグも余裕で確認できました。

【coolshot 80i vr 購入者2】

40シリーズと80シリーズでは、手ぶれ補正以外にも、
実際は計測速度も圧倒的に80の方が素早く、
目標にも正確に当たり、ファインダーもとても見易いです。
その他も含めて何もかも違う、今回の80シリーズは「買い」です。

【coolshot 80i vr 購入者3】

ゴルフ場のヤード案内表示がなくなる100yd以内の距離で重宝してます。
自分の目を信じるより遥かにカップに寄ります。

【coolshot 80i vr 購入者4】

他のレーザ測定器と使用感を比べてみました。
手ブレ補正機能の恩恵は素晴らしいです。
300ヤード先のピンも素早く測定できました。
測定に時間がかかりストレスが…
って方はこの商品を是非試して欲しいです。

ニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT 80i VRを実際に使用された方は、
このような感想をもたれています。

ゴルフをやられる方なら誰もが残りのヤードがきっちりと分かるように
なりたいですもんね。

coolshot 80i vrの価格最安値情報

ニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT 80i VRは

そんなに安い買い物でもないので、
購入されるなら、通販サイトが安く購入できます。

ネットショップで購入されたほうがお得です。

楽天でも販売されてますが、

COOLSHOT 80i VRは、アマゾンの値段が最安値でした。

アマゾンのプライム会員なら送料はもちろん無料です。

アマゾンお急ぎ便を使えば週末のコースに持っていけますよ。

会社のコンペで同僚と回るときに
ティーショット前に、COOLSHOT 80i VRで計測すれば
一目置かれるかもしれませんね。

coolshot 80i vrの使い方

あと1打でベストスコア更新できるのに
いつも、ショートしたり池やバンカーでボギー、ダボになる方。

番手をあげとけば届いたのに。。。

という方に本当にオススメ。

実際に購入された方の口コミは他の記事にまとめてありますが、
ここでは使い方を説明します。

まず、測定ですが、coolshot 80i vrは、
約0.5秒で目標物に対して、測定結果を表示可能です。

①最適な攻略ルートを見つけるには、
まずはティーショットで、飛距離を測定。

②セカンドショットでハザードを超える距離を測定して
どのクラブを選択するか決まります。

③次にピンまでの距離を測り、
グリーン手前のアプローチどころを見極めます。

勾配があるホールは正直自分の感覚では、
距離を掴むのは難しいですよね。

ティーショットだけでなく、アプローチからの
グリーン周りでも使えてとっても便利です。

一番感覚の鈍る100y以内の距離も測定すれば
一打損することもなくクラブ選択も間違えなくて済みます。

いくら正確に打てるようになっても、距離が正確に分からなければ
ショート、オーバーで一打損します。

これがあればゴルフが楽しくなりそうですね。

coolshot 80i vrの特徴

ゴルフをする方なら誰でもスコアが少しでも
よくなりたいですよね。

そのために必要なのが距離計です。

何番で打つのがいいのか?
実際にピンまでどれくらいか分からないと、
すごく迷います。

coolshot 80i vrを使えば0.5秒で計測。
なので、一緒に回ってる人を待たせることなく

ナイスショットができます。

coolshot 80i vrの特徴を紹介します。

特徴その1

ゴルフ用レーザー距離計に
世界初の光学式VR(手ブレ補正)機能を
搭載。

coolshot 80i vrは、
約0.5秒ですばやく簡単にポイントレーザー光を当てます。

すばやく測定結果を表示することができるので、
自分がイライラすることも
プレイ仲間を待たせることもありません。

特徴その2

コースに勾配があるのは当然です。

もちろん高低差を計算して打つ距離の目安を表示してくれます。

COOLSHOT 80i VRは、距離感のつかみにくい打ち上げや

打ちおろしのショットで

親切にクラブ選択をサポートしてくれます。

特徴その3

手前のピンまでの距離をきちんと表示して

ピンフラッグまでも距離をサインでお知らせする機能。

また手前にあるピンフラッグと奥にある林が重なってるときも

LOCKED ONサインが点灯したら、

ひと目で、確実に距離を測定できたと分かります。

たしかに奥の林とピンまでは全然違いますよね。

その他にも色んな特徴や機能があります。

ゴルフではプレイファーストが当たり前。

そんな時に計測で時間がかかるのは勿体ないし、

プレイ中にイライラしたくないですもんね。

モタモタして後ろの組に追いつかれたら、
プレッシャーにもなるし早打ちでミスに繋がることも
あると思います。

ゴルフはメンタルのスポーツと言われるくらい気持ちや気分が

スコアやプレーに影響してくるスポーツです。

計測で距離を把握して使うクラブの番手に迷わないで

打ちっぱなしで練習した通りに落ち着いて打てば

距離計を使って無かった時よりも10打は普通に

変わってきますよ。

たくさんのレーザー距離計の中でも一番人気の

ニコンcoolshot80ivrでライバルに差をつけましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする